トピックス

整復師と整体師の違いとは?

柔道整復師法(昭和45年 法律代十九号)により、厚生労働大臣によって柔道整復師の業務を行う事を許された者の事を『柔道整復師』と言います。
※「接骨院」もしくは「ほねつぎ」を名乗るとなっています。

基本的に整復師は骨や筋肉・腱、靭帯の損傷を治療する目的で施術を行います。これは医師以外には我々柔道整復師のみに許されております。

対して整体は全身の血流の巡りや筋肉・コリ・疲れ等をストレッチ等の方法を用いて慰安することを主としている点で違います。

接骨院・ほねつぎとは?

国家資格である柔道整復師が治療を行う施術所のことで、健康保険が患者さんの委任というかたちで使えます。その為ほとんどの接骨院・ほねつぎでは保険による治療を行っています。
ただし法律上保険を使っての治療ができるのは、外傷性疾患(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・及び軟部組織損傷、いわゆる「けが」)で、わかりやすく言えば、『急に起こった痛み』に対してのみ保険診療が行えることになっています。

しかしながら現在の接骨院・ほねつぎでは来院患者さんの多くが亜急性な外傷であることや、それに伴って骨折・脱臼などの外傷性疾患で訪れる方の減少により、保険診療の取扱われ方に変化がでてきているのが現状です。
接骨院とほねつぎの違いについてよくご質問を受けますが、資格内容は同じで、呼び名が違うだけです。
柔道整復師という資格で看板広告に表示できるのは法律上、「接骨院」「ほねつぎ」「柔道整復院」などとなっていますが、現在では整体やマッサージのイメージを優先させる為、”整”の字を使用するところが多くなってます。

柔道整復師の業務範囲

柔道整復師の業務範囲は、急性/亜急性の外力による「骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷」に対する治療・応急処置を
業務範囲とします。
※一部、医師の同意が必要です。
※肩こり、疲れ、単なる腰痛等に対する治療及び材料費などは、保険協定外になり実費となります。

日々の予防について

ほとんど運動はしない、しかし誘われると・・・

サンデーゴルファーに多いのがこのパターンです。
ほとんど練習なしで「ぶっつけ本番だ」というのですが、翌週に腰痛(腰部捻挫)等で 来院される方が多いです。
関節・筋肉は硬く運動神経も発達しておらず誠に危険なのです。最低でも週に3日以上の練習を欠かさずに行い、まず体作りをする事からはじめていただきたいです。

週に数日未満の方

何よりも数日以下の方はまず気をつけることは「昔とった杵柄」で無理をされないことです。
ウォーミングアップの時間を十分に取り、むしろ競技を行っている時間と等しくなるくらい でよいかと思います。さらに練習のメニューに筋トレを加えるのもよいかと思います。
なぜならば筋肉は経年劣化を起こすものだからです。
1週間何もしないだけでかなり体は衰えていると思ってください。

毎日練習される方

<3大要素>
運動・栄養・休養の3つの要素のバランスが大切になります。
これらのやり方・量・方法の3つに気をつけて運動を行っていただくほうが、より安全な環境といえます。
ただ気合・根性・努力だけでは体は動きません。
むしろかえって選手のパフォーマンスが悪くなります。

より上を目指してがんばっている方はもちろん、そうでなくても体が資本ですので気を配ってください。

コンディショニング

当院では保険適用外の治療や、スポーツ現場での救護、予防のテーピングなどを行っております。
練習の終了時間が遅くて・・・という方にも時間外予約診療を行っておりますので、 一度お問い合わせ
ください。

痛みのことならあい接骨院へ、お気軽にご相談ください。0565-33-7166

豊田市梅坪町、東梅坪町、京町、越戸町、上原町、陣中町、浄水町周辺

インスタグラム
エキテン
整体師と整復師の違いとは?

あい接骨院

あい接骨院

〒471-0071
愛知県豊田市東梅坪町3-2-7
TEL 0565-33-7166

豊田市梅坪町、東梅坪町、
京町、越戸町、上原町、
陣中町、浄水町

2017/7/19
ロードマップ動画追加しました。

2017/5/13
テーピング動画追加しました!!

 
午前
午後

午前  9:00〜12:00
午後 16:00〜20:00
 
休診日は水曜日午後、土曜日午後、日曜日

祝祭日平常通り